So-net無料ブログ作成

獣人 [イラスト]

IMG_20180523_123102.jpg
ケモ耳萌えとかいうのが巷にはあるそうですが、
人型に獣の耳をくっつけたキャラクターに愛を感じる方々のようですが、
私にはまったくその素養がありません。
何せ幼少の頃からぬいぐるみにも興味を持たなかった動物好きなのです。
普通の動物好きならぬいぐるみも好きになりそうなところですが、
ぬいぐるみはリアルに生きていないので興味を持てなかったわけです。

こういう私が最近のラノベを読んでいて困惑するのが、
このケモ耳キャラ達の設定の甘さで、
「ケモ耳である必要がどこに?」と、突っ込みたくなることしばしば。

やっと、ケモ耳である設定に説得力のある作品を見つけました。
百門一新さんの「獣人」です。
もっとも設定ではケモ耳であるのは身体が成熟するまでのことで、
成熟すれば完全な人型になるけれど、獣の習性が残っているというキャラ達なのです。
そこが面白くて前作になる「獣人隊長の(仮)婚約事情」も、
すぐ手に入れられるので電子で購入しちゃいました。

今回のイラストは、二作目のヒロインの親友
蛇の虹彩が目に残る獣人というのを自分で描きたくなって(←珍しい)
ひさびさに描いてみました。

予想通り何処見ているかわかりにくい目でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。